「もぅ…バレちゃうってば…」涙目になりながら、か細い声でそう言うと、僕の妻は他の男にカラダを許した…